スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキルの効果 第2弾

PFL大好き、マリソロッチです。

今回は、以前の記事「スキルの効果」の第2弾になります。

PFLはスキルが発動しているかどうかは試合中表示されますが、肝心のスキルの効果については謎に包まれています。
謎に包まれているんだったら、テキトーな事を言ってもバレやしないということで、私のフィーリングで各スキルの効果を大予想したいと思います。

「当てる気無し」で頑張りまーっす☆


それでは早速、見ていきましょう。


マリオ・バロテッリ
PFL03_136_f_xl.jpgPFL03_136_b_xl.jpg

スキル「鋼の肉体」

これは一見、簡単です。
スキルが発動すると筋肉量が増大して鋼の肉体となり、フィジカルが大幅にアップします。

ただし、このスキルの効果はこれだけではありません。

考えてみて下さい。

スキル発動の有無によって、一人の人間の筋肉が一試合の中で増えたり減ったりするわけです。
ホラーです。
相手選手は恐怖におののき、もはや試合どころではなくなります。

ちなみに、カード写真のバロテッリはスキル発動時のものであり、スキル発動前はモヤシっ子です。



エステバン・カンビアッソ
PFL03_022_f_xl.jpgPFL03_022_b_xl.jpg

スキル「サポーターの声援」

このスキルが発動すると、サポーターとして声援を送ります。

当然、本人は観客スタンドへ行ってしまうため、発動後のチームは10人で戦うことになり、戦力は大幅にダウンします。



バスティアン・シュバインシュタイガー
PFL03_093_f_xl.jpgPFL03_093_b_xl.jpg

スキル「ハードワーカー」

このスキルが試合開始直後から発動している時は気をつけて下さい。

試合後、居酒屋のバイトが入っている証拠です。
つまり、このスキルが発動している時のシュバインシュタイガーは、試合後にも仕事があるので、試合ではなるべく動かないようにして体力を温存しようとします。
夜10時から明け方の閉店までのシフトなんで、相当きついらしいです。



ロベルト・カルロス
PFL03_142_f_xl.jpgPFL03_142_b_xl.jpg

スキル「無慈悲な弾道」

このスキルが発動すると、フリーキックが壁の選手の股間に当たります。
可愛らしい「チーン」という効果音が鳴りますが、当たった選手はそれどころではありません。


アレクサンドル・ソング
PFL02_037_f_xl.jpgPFL02_037_b_xl.jpg

スキル「猟犬」

このスキルが発動すると、「僕は犬だから、4本全部足なんだ。」と言い出し、手でボールをつかんでゴールまでまっしぐらに走ります。
当然、そんな主張が認められるはずもなく、ハンドの判定で一発退場となります。



カルレス・プジョル
PFL03_138_f_xl (1)PFL03_138_b_xl.jpg

スキル「威圧」

このスキルが発動すると、
「てめー、どこ中だ、コラァ!!俺、チームでクライファート先輩とかリバウド先輩とかと一緒にやってて、チョー仲良くしてもらってたんだわ。マジ、俺の事なめてっと先輩ら黙ってないから。」
と威圧します。

ただ、その相手が審判であるため、一発退場となります。
なぜ最初に審判の出身中学を聞くのかは、不明です。

スポンサーサイト

コンボの効果

PFL大好き、マリソロッチです。

今日のテーマは、コンボの効果について。
一人で複数の選手とのコンボを持つ選手は本当に使えるのか?という点について検証していきたいと思います。
いかがでしょう、この正統派攻略ブログ的なテーマ
私だってやればできるんです。

早速本題に入りたいところですが、先に一点だけ留意事項を書いておきます。
これから書く内容は全て私の妄想であり、ゲーム攻略においては何の役にも立ちません。


さて、この行までまだ読んでいただけている方が残っているか大変不安ですが、はじめます。

一人で複数の選手とコンボを持つ選手について、今回はバルセロナのSUピケ(第1弾)を取り上げたいと思います。

このSUピケは、ST+バルデス(第1弾)とコンボ「鉄壁の守備」が、BANプジョル(第3弾)とコンボ「カタラン・ファイター」が発生します。

鉄壁の守備
PFL01_179_f_xl.jpgPFL01_045_f_xl.jpg

カタラン・ファイター
PFL01_179_f_xl.jpgPFL03_138_f_xl.jpg

さらに3人ともスペイン人・バルセロナであるため、「無敵艦隊」や「ブラウ・グラーナ」という国籍・チームコンボまで同時に狙っていける大変効果的な組み合わせに見えます。


しかし、これには大きな落とし穴があるのです。

ポイントは、バルデスの気持ち

上記コンボの状況は、バルデスからみればピケに完全に二股をかけられているわけです。
バルデスは第1弾からずっと「鉄壁の守備」としてピケとコンビを組んできたのに、第3弾で急にプジョルが割り込んできてピケと「カタラン・ファイター」などというユニットを組みました。
ピケはもうバルデスだけのピケじゃなくなってしまったのです。
プジョルだってピケに二股をかけられていると見ることもできますが、プジョルはBANDIERAですからコンボ「FCB MF強化」でバルセロナMF陣全員とつながっており、ピケにこだわらなくてもいくらでも相手はいます。
バルデスはピケ一筋。

このような関係性が試合でどんな結果をもたらすか?

バルデスは、ピケがディフェンスしている流れで打たれたシュートは必死で止めます
コンボ「鉄壁の守備」の効果をアピールするためです。
一方、プジョルのディフェンスから打たれたシュートについては、ほぼ無視です
そして「その位置からあんなに楽にシュート打たせちゃ止めらんないよ。ピケとの連携がうまくいってないんじゃないの?頼むぜ、カタラン・ファイター!」と言い放つのです。

そうなると怒ったプジョルが、バックパスと称してシュート並みのスピードボールをゴール隅にぶっ込み、「キーパーも足元の技術しっかりしてくれないと、バルサのボール回しにはついて来られないよ!よくピケとコンビ組んでたね。」と言い返します。

二股ピケはピケで自分の事はすっかり棚に上げて、プジョルがバルサMF陣全員と関係を持っている事が気に入らず、一方でバルデスとの第1弾から続く関係には少し飽きてきています。

完全な泥沼に陥り、ディフェンスは崩壊します。

チームに三角関係コンボを導入することの恐ろしさをご理解いただけたでしょうか?

コンボも選手の調子もバッチリなのに、なぜか勝てない。
そんな時、チーム内の人間関係をチェックしてみて下さい。
このようなことが起こっているかもしれません。

リオネル・メッシが訪ねて来た in PFL

パニーニフットボールリーグ大好き、マリソロッチです。

主催するジェントルマンリーグでは、今シーズンよりコスト100制限を導入しました。
レギュレーションは、R2・コスト100・レジェンド1枚までという形になっています。
レギュレーションについてはまだ手探りの段階ですので、様子を見ながら考えていきたいと思っています。

そんな新レギュレーションや第3弾選手の使い方などで、我がポンブーペンギンズのチーム運営についても頭を悩ませていた私(マリソロッチ監督)に、メッシが面談を希望してきました。

リオネル・メッシ
PFL01_188_f_xl.jpgPFL01_188_b_xl.jpg

コンコン・・・ガチャ・・(失礼しまーす)・・・

メッシ「こんにちは、監督」

私「こんにちは、今日はどうした?」

メッシ「いや、別に何ってわけじゃないんですけど、監督元気かな?と思って。」

私「ああ、元気だよ。ただ、さすがにここのところの暑さには参ってるけど。」

メッシ「そうでしょ?元気だと思ってても、やっぱり暑さにやられてるんですよ。」

私「そうかなぁ・・・」

メッシ「そうですよ!その証拠にほら、最近のチーム編成が少しおかしいですもん。」

私「え?そう?確かにリーグにコスト制も導入されてチーム編成を考えるのもかなり複雑になってきてるけど、それでも最終的にはその時々のベストだと思った形に編成してるつもりなんだけど。」

メッシ「いやぁ、ベストとは言えないですよ。」

私「例えば、どの辺が?」

メッシ「具体的にどこがっていうのは難しいですが・・・例えば・・・例えばですよ?あくまでも一例として言えば・・・俺をCFじゃなくて右WGに配置しちゃってるところ・・とかですかねぇ・・・。」

私「それはベストではない?」

メッシ「そりゃそうですよ!俺の定位置はあくまで3トップのど真ん中のフィニッシュに絡むところですから。うちのチームではずっとそうだったでしょう!それを今は新入りのくせにハンパないベテラン感を醸し出すフーセンガムだかチューインガムだかのオジサンがCFに居座ってるじゃないですか。」

私「バッキンガムのことか。」

メッシ「宮殿かっ!シェリンガムですよ。なんであんなオッサンが俺を差し置いてCFで起用されてるんですか!」

私「シェリンガムの方が決定力があるからだよ。

メッシ「ちょっ・・え?・・・なに、いきなり私の心を突き刺してるんですか?もう何回かボケるパターンじゃないんですか?

私「うん、あんまり思いつかなかったから。正直、バッキンガムもいっぱいいっぱいだったからね。」

メッシ「そうですか・・・やっぱり決定力の違いですか・・・。確かにあのオッサン、PA内の決定力がすごいですよね。」

私「ハンドル切り返し無しの一発で決めてくるからな。」

メッシ「PAはパーキングエリアじゃねぇ!・・・ペナルティエリアでの決定力がすごいって言ってるんですよ。ハットトリックもしょっちゅうだし。」

私「うん、シェリンガムのハットトリックスキル「リンガーハット」の効果だ。」

メッシ「長崎ちゃんぽん屋にそんな効果は無ぇ!!!

私「じゃあ君のスキル「ファンタジスタ」にはどんな効果があるんだ?現在47歳のシェリンガムにポジション奪われて何がファンタジスタだ!スカルプDフェイスウォッシュで顔洗って出直して来い!!」




メッシ「メッシ気持ちい~い!
f03198efecd4bb9558e598c3ac784840.jpeg




私「そこはまだ気持ちいい段階じゃねぇ!!




入院しても明るさを失わない、そんな真のジェントルマンであるリーグ仲間の一日も早い回復を願って・・・

スキルの効果 PFL

PFL大好き、マリソロッチです。

7月は雑誌付録、アップデート、そして月末のカップ戦と色々あり、8月9日にいよいよ第3弾発売ですね。
第3弾を盛り上げるためにも、今回のアップデートではカップ戦までに納得のいくAIになって欲しいと思います。

我がポンブーペンギンズの最近のリーグ成績は、21thに続いて23thで優勝、つづく24thで降格争いをしましたがなんとか踏ん張って、25thが4位、26thが2位と引続きDIV1にしがみついています。

さて、今回はスキルの効果についてです。
スキルが発動しているのはわかるのですが、それがどんな効果を発しているのかは謎に包まれたままです。
そこで、私なりにスキル名から効果を予想してみたので、そのいくつかをご紹介します。

リオネル・メッシ
PFL01_188_f_xl.jpgPFL01_188_b_xl.jpg

スキル「ファンタジスタ」

このスキルが発動すると、夢と魔法の国の住人となり、「僕が寝てる間に、妖精さんがシュートを決めてくれるから」と言って、ぼぉーっとすることが多くなります
現実的には妖精がシュートを決める事は無く、単純に動きが鈍くなるため、発動すると弱体化します。



ズラタン・イブラヒモビッチ
PFL02_144_f_xl.jpgPFL02_144_b_xl.jpg

スキル「アクロバットシューター」

このスキルが発動すると、キャプテン翼にシルク・ド・ソレイユと中国雑技団をミックスした人間離れの華麗なシュートを放ちます。
難点は、あくまでもSHOW目的なので得点力が上がるわけではないことと、PFLの試合画面ではその華麗な技が全く見られないことです。



ビクトル・バルデス
PFL01_045_f_xl.jpgPFL01_045_b_xl.jpg

スキル「守護神」

このスキルが発動すると、ピッチ上の全ての選手がひれ伏し、サッカーボールをお供えします
それまでにバルデス神からゴールを奪った選手は、生贄として差し出されます
普段は寺の住職をしていますが、それは仮の姿なのです。



マルコ・ロイス
PFL01_143_f_xl.jpgPFL01_143_b_xl.jpg

スキル「覚醒」

起きます。




ダニエウ・アウベス
PFL01_046_f_xl.jpgPFL01_046_b_xl.jpg

スキル「カウンター」

このスキルが発動すると、
「カウンター席でしたら、すぐにご案内できますが・・」と言われた際、
「じゃ、カウンターで」と答えるので、すぐに座れます。



ペドロ・ロドリゲス
PFL02_039_f_xl.jpgPFL02_039_b_xl.jpg

スキル「スーパーサブ」

このスキルは途中交代で出場した場合に発動します。
試合終盤の大事な局面で投入された時に、右サイドに開いて、北島三郎のモノマネで熱唱します。
「スーパー」を名乗るだけあって、激似です。




「PFL スキル 効果」などの検索ワードでこのブログにたどり着いた全ての方々に、心よりお詫び申し上げます。

クロールおじさん

PFL大好き、マリソロッチです。

今日は最初に少し、PFLと違う話題をさせて下さい。

6月中旬あたりからFC2ブログ(このブログもそうです)が、Googleにクロールされない状況になっているようです。

Googleはインターネット上の情報を常に集め、検索結果に反映しています。
私のブログも「パニーニフットボールリーグ」、「PFL」、「フリーのシュートをキャッチされまくる」、「DFが何もしない」、「SBが輪をかけて何もしない」、「もう全員FWでいいんじゃない?」、「ところで、コスト制っていつ導入されるの?南米チームの出番がいつになっても来ないんですけど。」、「そこまで長いと、それはもう「ワード」じゃないよね。」などのワードで検索されて来られた方も多いと思います。

Googleはクロールにより、インターネット上の情報を集めるわけですが、クロールとは何でしょうか?
公式にはこのように説明されています。

(以下、公式より引用)
クロールは、Googlebot が Google のインデックスに追加する、新しいページや更新されたページを検出するプロセスです。
Google では、大規模なコンピュータ群を使用して、ウェブ上の数十億のページを取得(クロール)します。取得プログラムは Googlebot と呼ばれ、ロボットやスパイダーとも呼ばれます。Googlebot はアルゴリズム化されたプロセスを使用します。クロールを実行するサイト、クロールの頻度、各サイトから取得するページ数はコンピュータ プログラムによって決定されます。
(引用終わり)

非常に難解ですが、要はこういうことです。

クロールおじさんというトンガリ帽子の小人がインターネットの世界を徘徊して、サイトの更新などをチェックしているんです。

ところが最近、このブログにそのクロールおじさんがほとんど来ていないというわけです。

私ははじめ、「このブログがPFL攻略に全く役に立たない事が、クロールおじさんにバレたんだ」と思いました。
しかし、そうではなかったらしく、FC2ブログ全体で起きている現象のようです。
これにより、新しく記事を書いてもその内容はなかなか検索結果に反映されなくなってしまいます。
早くこの問題が直って、私の全く役に立たない記事をいち早く皆様にお届けできるようになるといいのですが。
(いち早く届ける重要性が全く無いことは、クロールおじさんには内緒です。)


さて、余計な話が長くなりましたが、PFLの話題です。
PFLの攻略情報をしっかり書いて、クロールおじさんにアピールしたいと思います。

ズバリ、「強いチームを作るには!」です。

以下の5項目を実践してみて下さい。

その1 アメージングな選手を使う
その2 ファンタスティックなコンボをつける
その3 フォーメーションは、ファッショナブルに
その4 作戦はアバンギャルドに
その5 強いチームになるように全体を上手に調整する


1〜4でどうすればいいのかわからない項目があったとしても、その5だけでも必ず強いチームになります。


・・・・・・

そりゃ、クロールおじさんも来なくなります・・・・

でも・・・・

でも、きっとまたいつか来てくれる。
私はそう信じています。

サンタクロースがそうであるように、クロールおじさんは信じるみんなの心の中にいるのですから・・・

プロフィール

マリソロッチ

Author:マリソロッチ
チーム名 ポンブーペンギンズ
オーナー名 マリソロッチ

フレンド申請お待ちしております!エキシビションも大歓迎です。

【当ブログはリンクフリーです】

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。