スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンボの効果

PFL大好き、マリソロッチです。

今日のテーマは、コンボの効果について。
一人で複数の選手とのコンボを持つ選手は本当に使えるのか?という点について検証していきたいと思います。
いかがでしょう、この正統派攻略ブログ的なテーマ
私だってやればできるんです。

早速本題に入りたいところですが、先に一点だけ留意事項を書いておきます。
これから書く内容は全て私の妄想であり、ゲーム攻略においては何の役にも立ちません。


さて、この行までまだ読んでいただけている方が残っているか大変不安ですが、はじめます。

一人で複数の選手とコンボを持つ選手について、今回はバルセロナのSUピケ(第1弾)を取り上げたいと思います。

このSUピケは、ST+バルデス(第1弾)とコンボ「鉄壁の守備」が、BANプジョル(第3弾)とコンボ「カタラン・ファイター」が発生します。

鉄壁の守備
PFL01_179_f_xl.jpgPFL01_045_f_xl.jpg

カタラン・ファイター
PFL01_179_f_xl.jpgPFL03_138_f_xl.jpg

さらに3人ともスペイン人・バルセロナであるため、「無敵艦隊」や「ブラウ・グラーナ」という国籍・チームコンボまで同時に狙っていける大変効果的な組み合わせに見えます。


しかし、これには大きな落とし穴があるのです。

ポイントは、バルデスの気持ち

上記コンボの状況は、バルデスからみればピケに完全に二股をかけられているわけです。
バルデスは第1弾からずっと「鉄壁の守備」としてピケとコンビを組んできたのに、第3弾で急にプジョルが割り込んできてピケと「カタラン・ファイター」などというユニットを組みました。
ピケはもうバルデスだけのピケじゃなくなってしまったのです。
プジョルだってピケに二股をかけられていると見ることもできますが、プジョルはBANDIERAですからコンボ「FCB MF強化」でバルセロナMF陣全員とつながっており、ピケにこだわらなくてもいくらでも相手はいます。
バルデスはピケ一筋。

このような関係性が試合でどんな結果をもたらすか?

バルデスは、ピケがディフェンスしている流れで打たれたシュートは必死で止めます
コンボ「鉄壁の守備」の効果をアピールするためです。
一方、プジョルのディフェンスから打たれたシュートについては、ほぼ無視です
そして「その位置からあんなに楽にシュート打たせちゃ止めらんないよ。ピケとの連携がうまくいってないんじゃないの?頼むぜ、カタラン・ファイター!」と言い放つのです。

そうなると怒ったプジョルが、バックパスと称してシュート並みのスピードボールをゴール隅にぶっ込み、「キーパーも足元の技術しっかりしてくれないと、バルサのボール回しにはついて来られないよ!よくピケとコンビ組んでたね。」と言い返します。

二股ピケはピケで自分の事はすっかり棚に上げて、プジョルがバルサMF陣全員と関係を持っている事が気に入らず、一方でバルデスとの第1弾から続く関係には少し飽きてきています。

完全な泥沼に陥り、ディフェンスは崩壊します。

チームに三角関係コンボを導入することの恐ろしさをご理解いただけたでしょうか?

コンボも選手の調子もバッチリなのに、なぜか勝てない。
そんな時、チーム内の人間関係をチェックしてみて下さい。
このようなことが起こっているかもしれません。
スポンサーサイト

オススメ選手の名前を忘れた

PFL大好き、マリソロッチです。

いかにサイドを崩してクロスをあげられるかが勝利の鍵を握る現在のPFL。
そういう意味でサイドアタッカーの役割は非常に重要です。

そこで今日はオススメのサイドアタッカーをご紹介したいと思います。

マンチェスターユナイテッドの右サイドアタッカーですので噂のシェリンガムとチームコンボも組みやすく、STクリスティアーノロナウドとのコンボもあり、コストはわずか5。
とても使い勝手がいい選手です。

ただ、肝心の名前をド忘れしてしまって・・・


確か先に生まれた男みたいな名前だったような・・・

???「そりゃ、だね。」

うーん、なんかトゲトゲの海産物で・・豪華な絵皿に乗って回ってくるやつ・・・

???「それは、ウニだろ。回らない店にも行けるように頑張れよ。」

あ!桃次郎に退治されるやつだ!!

???「だろ!桃次郎って誰だよっ!!弟かっ!!!

やっぱり、海産物だった気がするんだよな・・・トゲトゲのイメージもあってると思うんだけど・・それが動くデカイ看板の店も見たことあって・・・

???「・・・・え・・・うーん・・あ!カニか!!・・ってカニじゃねーし!!・・いや、あんたの今イメージしたのはカニなんだろうけど、思い出そうとしてる名前はカニじゃない・・ってややこしいわっ!!いったんこっちがわからない場合、ややこしい事になるわっ!!

ハットリくんが、山を飛んだ後にそれを越えて、僕らの町へやってきた記憶が・・・

???「それはだな。」

野球選手と柔道選・

???「それも谷だな!

アマゾン川とかにいて、大きな口ガバァーからの、クロコダイルみたいな・・

???「そりゃ、ワニだっ!!」



ごめん、全く思い出せない。

名前、何?




ナニ「それだよ!!

PFL02_141_f_xl.jpgPFL02_141_b_xl.jpg

※特にオススメ選手というわけではないのでご了承ください。

PFL リーグ運営について【後編】

パニーニフットボールリーグ大好き、マリソロッチです。
今日はリーグ運営についての後編です。(前編はこちら
主催するジェントルマンリーグを運営していく中で考えたこと、気づいた事などを徒然なるままに綴っていきます。

【独自ルールについて】

ジェントルマンリーグにおける独自ルールは、以下の2つです。
1. チーム名またはオーナー名が初期設定の方の参加をお断りしています。
2. 次シーズン募集時点で1ヶ月以上ログインの無かった方は、いったん脱退とさせていただいています。

独自といっても、多くのリーグで採用されている一般的なものだと思います。
1.については、やはり「名前」というのは非常に重要だということです。
現実世界でもそうですが特に顔の見えないこのようなゲームでは、名前こそがそのチームの、そしてそのオーナーのアイデンティティと言えると思うのです。
2.については、アクティブなプレイヤーによるリーグにしたいということです。
ここで、ご存じない方がいるかもしれませんので説明を入れておきます。
現在の仕様ですと、次シーズン募集期間のみ、リーグ主催者にだけ各参加者のログイン状況が見えます。
といっても大ざっぱなもので、「1週間以上前にログイン」から「1ヶ月以上前にログイン」まで1週間単位で表示されます。

その他、独自のレギュレーションを導入されているリーグもありますが、ジェントルマンリーグではゲームシステムとして設定できるもの以外は採用していません。
これは単に私が管理する自信が無いからです。
システムで管理できないと、常に手動でのチェックが必要ですし、悪意の無いうっかり違反への対応の難しさなど考えると運営はかなり大変だと思います。
実際のところ、現在ではコスト制限もできますしシステム側のレギュレーション設定以上に必要性を感じるものはあまりありません。
しいて言えば、各レアリティ制限をそれぞれバラバラに設定できると嬉しいでしょうか。


【リーグ掲示板について】

リーグ運営において、リーグ掲示板はとても重要だと思います。
PFLのようなゲームの面白さのポイントの一つに「対戦相手はコンピューターではなく、全て人」という点がありますが、リーグ掲示板での交流が深まれば、その面白さはさらに増します。
リーグ掲示板に書き込む事だけが交流というわけではなく、見ているだけだって、それは十分「交流」なんだと思います。
そういう意味で、ジェントルマンリーグのコスト100制限導入にあたって事前にリーグ掲示板で告知した際、大半のチームに導入シーズン開始前に対応していただいた時は、「見ていてくれている」事を感じ嬉しくなりました。

まぁ、ジェントルマンリーグ掲示板は最近、何の交流をしているのかさっぱりわからないカオス状態に陥ることもしばしばなのですが・・・。


さて以上、前編に引続きリーグ運営について色々書いてきましたが・・・・


コンコン・・・




私「どうぞ」

シェリンガム(以下「ガム」)「失礼します。」

PFL03_145_f_xl.jpgPFL03_145_b_xl.jpg


私「おお、どうした急に?」

ガム「すみません、突然。でも、監督がこのままこの記事を終わりそうだったんで。」

私「ん?そのつもりだけど・・・」

ガム「監督・・・言いづらいんですが・・・スベってますよ?

私「え?スベっ・・?・・・いやいや、今回の「リーグ運営について」の記事は、書きたい事を真面目に書こうと・・」

ガム「そういうんじゃないでしょう、このブログは!「パニーニフットボールリーグの話をしよう」と言っておいて、ちょっと話が脱線したかと思ったら、脱線したまんま道無き道を走り抜けて最後は崖から真っ逆さまが、このブログのスタイルじゃないですか!

私「・・・私が馬鹿だったよ、シェリンガム・・・。いわゆる「攻略ブログ」に憧れて、ついそんな記事も書けるんじゃないかなんて・・・甘い夢を見てしまったんだ・・・。」

ガム「わかりますよ、監督。でも監督は、正直PFLの攻略法なんて全然わかってないじゃないですか。現に今だってチームはまた降格の危機ですし。」

私「君の言う通りだ・・・ただ、私からも君に言っておきたいことがある。

ガム「な・・・何ですか?」

私「君も十分スベってるぞ!

ガム「わ・・私のどこがスベってるって言うんですか!FWとして、レジェンドとして、ゴールを量産してる私のどこがスベってるんですか!

私「量産し過ぎなんだよっ!量産型シェリンガムかっ!マンUの赤はシャア専用か!通常のシェリンガムの3倍のスピードか!


バシっ!!


ガム「殴ったね!?ファーガソンにもぶたれたこと無いのに!





ジェントルマンリーグに栄光あれ!


※基本的に「ルールの中でその時点の最善を尽くす」という考え方でリーグも自分のチームも運営していますので、現時点でプレイヤーがシェリンガムを使う事には賛成です。ただ、ゲーム全体の運営の観点でバンダイさんはどのように考えているのでしょうか・・・。

プロフィール

マリソロッチ

Author:マリソロッチ
チーム名 ポンブーペンギンズ
オーナー名 マリソロッチ

フレンド申請お待ちしております!エキシビションも大歓迎です。

【当ブログはリンクフリーです】

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。